ワキガの治療

美容整形.conm

ワキガの解決法

汗を排出する汗腺にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺がありますが、ワキガの特有のにおいを発するのは、アポクリン汗腺からです。

一方の多汗症はエクリン汗腺の機能が活発になり、エクリン汗が生産過剰になるために起こります。このように、ワキガと多汗症はまったく異なった疾患ですが、実際のところ混同されてしまっています。

アポクリン汗は脂肪酸などの脂質や鉄を含み、そのものは無臭だが、分泌された汗を表皮にある細菌が分解して化学反応を起こすと、特有のにおいに変わってしまいます。

市販されている抗菌制汗剤は、ワキガの元になる低級脂肪酸、アンモニアなどの増加を防ぐ効果はありますが、あくまで一時的なものであり、根本的な治療を望むなら皮膚と汗腺層を切除するか、汗腺層の破壊吸引、あるいは反転剪除法などの外科的治療が必要となります。

最近では「Active Shaving System」と呼ばれる方法も開発され、従来の破壊、吸引に近い方法でありながら、反転剪除法と同等またはそれ以上の効果をもたらす治療法も出現しましたが、まだ一般的に行われる手術は吸引法と反転剪除法です。

スポンサードリンク

吸引法

術後の瘢痕が小さく、出血なども少ないことから回復が早いのが利点です。ワキの下の皮膚を7ミリほど切開し、そこから脂肪吸引で用いるのと同じポンプの先に、ワキが治療用カニューラを接続させたものを差込み、アポクリン汗腺を削り取ります。麻酔は局所麻酔で行い、術後安静を保つことができれば当日帰宅することも可能です。

反転剪除法

特殊な器具も使わず、シンプルな方法ですが、毛根も一緒に除去してしまうため、高い減毛効果もあるのが利点です。局所麻酔を施して皮膚を4〜5センチ、アポクリン汗腺の直下まで切開し、皮膚を反転してアポクリン汗腺と毛根を剪除します。当日の帰宅も可能です。

術後の感染などはほとんど見られませんが、皮膚が拘縮しやすくなりますので、腕を上下させるなど伸展運動を行うようにしましょう。瘢痕は1年もすれば目立たなくなりますが、肥厚している場合は切除を行います。

アクティブシェイビング法

吸引法の切開から、コンピュータ制御された回転する鋸歯のカッターのついたカニューレを入れ、アポクリン腺と毛根を削り取る方法で、最も効果が期待できます。

他にも傷跡が目立ちますが、従来より行われている単純皮膚切除術があります。また多汗症のトピックスとしてボツリヌス毒素製剤注入法があります。

以上のようなワキガ治療を行っても、アポクリン汗腺を100%取り除くことは不可能であり、したがってにおいも完全になくなるとは限りませんが、日常生活で苦痛を感じない程度の改善は望めます。

光工学による最新のワキガ治療

δアミノレブリン酸を服用し、腋毛周辺に集積した成分に光を当て、活性酸素を発生させて毛根や皮脂腺を破壊するPDT法は、メスを使わない最新のワキガ治療にも取り入れられる可能性が出てきています。

アポクリン汗腺を切除せずにワキガを治す方法として、最近注目されているのが光工学を使ったPDT(フォトダイナミックセラピー)です。

レーザーはメラニン色素に反応して熱作用を起こすため、脱毛ができますが、産毛や色素の薄い毛には反応しません。ところがPDTを用いるとそのような薄い毛はもちろんのこと、皮脂腺をも破壊させることができます。ニキビや顔のテカリに有効とされていますが、もう一つの効果が期待されているのが、ワキガ治療です。

ワキガのにおいのもとはアポクリン汗腺から出されますが、この汗腺の開口部は必ず毛穴の出口と同じ場所にあるため、そこに光を当てて毛根と毛包皮脂腺を破壊することによって、ワキガを抑えることができるという仕組みです。正確には光そのものが組織を破壊するのではなく、最初にδアミノレブリン酸という薬を飲んで、薬の成分を毛根や皮脂腺に集め、そこに光を当てて発生する活性酸素で破壊していきます。

δアミノレブリン酸はヘモグロビンの産物で体の中に本来持ち合わせているため、副作用などの心配はありません。δアミノレブリン酸を肌に塗って光を当てる方法もありますが、色素沈着を起こしやすいので飲むほうが望ましいのです。

治療そのものも、レーザーより傷みは少なく、日焼けの際に感じるピリピリとした痛がゆさが多少あるくらいです。

ワンポイントアドバイス

ワキガのにおいのもととなるアポクリン汗腺を除去するには、吸引法や反転剪除法があります。最近ではActive Shaving Systemと呼ばれる新技術も開発されています。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved