美容整形.comトップページメディカルスキンケア>PHENOL(フェノール酸)について

PHENOL(フェノール酸)について

美容整形.conm

ハイリスク、ハイリターンで、刺激に強い白人でもトラブルが絶えなかったフェノール酸。日本人にはあまり使われることのない強酸であります。

ケミカルピーリングの歴史は、このフェノール酸から始まったといえます。美容に使われるようになったのは1950年代ごろから。大スター、エリザベス・テイラーやマレーネ・デートリッヒが手術を受けたことで、一時はアメリカを中心に大流行しました。

しかし、ハイリスク・ハイリターンで刺激に強い白人の肌にもトラブルが絶えなかったことから、その後はよりマイルドで刺激の少ないTCAやAHA、BHAに取って変わられることになります。

特に有色人種が用いると、色素沈着やケロイドを引き起こしやすいという特徴があります。

スポンサードリンク

ワンポイントアドバイス

ケミカルピーリングの一つであるTCAやフェノール酸によるピーリングは腐食作用で組織損傷を起こし、皮膚表面を脱落させます。フルーツ酸のピーリングに比べ作用が強く、ピーリング後、皮膚に、かさぶたなどができる場合があります。作用が強いピーリングのため、ピーリング後のケアが重要です。


地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved