美容整形.comトップページメディカルスキンケア>注入治療の先駆者 コラーゲン注射

注入治療の先駆者 コラーゲン注射

美容整形.conm

コラーゲン注射はもともと皮膚のくぼみの治療に使われていましたが、シワ治療にも応用されるようになり、日本でも15年ほど前からシワ治療に一般的に使用されるようになっています。

シワの大きな原因の一つは年齢とともに皮膚の真皮層にあるコラーゲンが減少することですが、牛から抽出したコラーゲンをシワ部分に注入することにより、目元の細かいシワ、鼻唇溝や口元の深いシワまでを消すことができます。注入したコラーゲンはよそへ移動する心配もありません。

痛みや出血はほとんどなく、通院の必要もないことから、メスを用いない整形などといわれ、治療を受ける患者は増える一方であります。しかしながら、コラーゲンは時間とともに皮膚組織に吸収されるため、効果が保てるのは3〜4ヶ月。定期的に注入を繰り返す必要があります。

スポンサードリンク

永久的に効果が持続する、スーパーコラーゲン

従来のコラーゲン注射に対して、最近では永久的に効果が持続するアーテコールというものが開発されました。スーパーコラーゲンなどとも呼ばれるこの製品は、牛のコラーゲンにポリメチルアクリレート(PMMA)の微粒子を浮遊させたもので、コラーゲンよりも素材のものが固く、吸収されにくいことで知られています。

残存率も25%と高く、眼内レンズや歯のプロテーゼにも使われる生体適合性のある成分であります。コラーゲンそのものは数ヶ月ののちに吸収されてなくなりますが、その間にPMMAの微粒子は線維性の皮膚(カプセル)を形成し、そこに包括されて治療部位の中に結合され、皮膚の中に溜まるため、効果が永久的に持続するわけです。ただし、最初の間は一時注入物の減量がみられるため、最低6〜8週間あけて2〜4回の注入を行うことが望ましいとされます。

海外での新しい注入剤

注入治療のさかんな欧米市場に向けて、各メーカーはさまざまな注入剤を開発していますが、日本では、その臨床例も少なく、効果、使用感、残存期間など、経過を見守って行きたいものが多いのが現状です。やはり架橋のレベル(残存期間)の問題はありますが、100%ヒアルロン酸のものは生体内に吸収されてしまうため、安心ではあります。

今後、素材などを研究しながら、実施レベルに向け注目していきたいところです。

ワンポイントアドバイス

シワ治療として定着しているコラーゲン注射。効果が3〜4ヶ月と限られているのが欠点。最近では半永久的に効果が持続する、PMMAが主成分の注入剤も開発されています。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved