鼻を高くする隆鼻術

美容整形.conm

隆鼻術では、原則として鼻の軟骨や鼻骨と皮膚との間に何かを入れることになります。しかし鼻を高くするだけが隆鼻術ではありません。入れるものの形によって形をデザインし、格好のいい鼻にする必要があります。言い換えれば高さだけではなく、バランスも改善できるのが隆鼻術なのです。

中に入れる移植物は、人工物と生体組織があります。人工物の代表は過去数十年にわたって使われてきた鉱物、シリコン。材料が手に入りやすく、細工しやすいなどの利点があります。手術後、気に入らなければ、やり直しもできます。シリコンそのものに毒性はありませんが、人体にとってはあくまで異物なので、コラーゲンの線維膜を作って包み込んでしまいます。この膜が厚くなりすぎると不恰好になったり、薄すぎると移動することもあります。

スポンサードリンク

隆鼻術に生体組織を使う場合

生体組織を使う場合は、主に耳の軟骨が使われます。傷は耳の後ろですので目立ちません。他に鼻の穴の間の鼻中隔軟骨、肋軟骨が使われる場合もあります。移植しても自分の体と癒着するため、移動したり皮膚から飛び出したりすることがありません。

ただし生着が悪いと吸収されてしまったり、また細工がうまくいかなかった際に取り出すこともできないので、技術を持った形成外科医に限り可能な手術法でもあります。最近ではヒアルロン酸注入による隆鼻術もあり、術前選択のシミュレーションとして行う場合もあります。

ワンポイントアドバイス

シリコンや人体から移植した軟骨を用いて行う、隆鼻術。それぞれにメリット、デメリットがありますのでよく調べておきましょう。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved