美容整形.comトップページ輪郭形成治療>ミニリフティング(ミニリフト)手術

ミニリフティング(ミニリフト)手術

美容整形.conm

リフティング手術の中でも、剥離範囲が小さいものを「ミニリフト」「マイクロリフト」と呼んでいます。SMAS法を行わないか、あるいは1〜2センチだけ剥離する場合もあります。またSMAS法でも筋膜を剥離せずに、切除するだけのものや、プリーツのように束ねて縫いつけてしまう方法(プリケーション)がとられることもあります。

ミニリフトでは、剥離範囲だけではなく、引き上げる量そのものを少なくするのもポイントです。引き上げる量が多いと、他の部位にそのしわ寄せが現れることもあります。たとえば頬のたるみをとるために大きく後ろに引くと、変わりに首の後ろにたるみが生じ、そこを取らなければならなくなります。引きを弱くしてミニリフトに留めておけば、このような問題を避けることができます。

最近では、わずかな切開で内視鏡を用いてリフティングを行う方法もあります。これは主に額のシワの切除の際に行われるもので、数ミリの小さな切開口から内視鏡と入れ、これを覗きながらシワのもとになる筋肉を切除します。具体的に頭蓋骨にねじを打ち込んでここに糸をかけ、骨膜を引き上げます。内視鏡手術というと簡単そうに聞こえますが、実際には高度な技術を要するため、ミニリフトと呼べるかどうかは疑問です。

マイクロリフト、ミニリフトの両方にいえることですが、エイジングの改善として行う場合、頬のみ、額のみという個別の対処法はあまり効果はありません。たるみもトータルに改善すべきでしょう。

スポンサードリンク

フェイスリフトは何歳ごろから始めればよいか

30代〜40代で1度受けておくと、若さを保つことが容易になります。30代で20代に戻ることは可能ですが、50代で20代には戻りません。そういう意味でも早い時期からエイジング対策を始めることをお勧めします。

他の療法とフェイスリフトの組み合わせ

他の療法との組み合わせも可能です。たとえば日本人は欧米人に比べて歯槽骨が出ており、口元が前に出たいわゆる出っ歯が多いため、鼻唇溝のシワも深くなりがちです。このシワを消すには、頬を横に引っ張るとよいのですが、先にも述べたように引きすぎると首の後ろにたるみが生じることになります。
このような場合は、リフティングで引く量は少なめにし、あとは鼻唇溝に注入用充てん剤を注入するなどして補う方法もあります。

ワンポイントアドバイス

切開や剥離、引き上げる量を少なくした身にリフトやエンドスコーピックリフトの技術も進歩してきましたが、エイジング治療ではリフティングもパーツではなく、全体でとらえることが大切です。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved