美容整形.comトップページ輪郭形成治療>ピアス穴を開けるときの注意点

ピアス穴を開けるときの注意点

美容整形.conm

ピアスが手軽なおしゃれとして普及する一方で、不潔な扱いが原因で感染を起こすケースが増えています。また、ケロイド形成などさまざまな皮膚合弁症をきたす恐れがあるので、信頼できる皮膚科で行うことをおすすめします。

スポンサードリンク

感染

不潔な手でピアス穴を開けたり、その後の不適切な管理が原因で感染が生じます。皮膚が赤くなったり、痛みや腫れ、膿んで滲出液が漏出する等症状はさまざまです。穴を開けた後は約1週間、消毒の必要があります。特に洗髪後は前後両面から綿棒などで消毒液をしみこませること、またピアス穴に沿って皮膚が形成されるまでに約1ヶ月を要しますので、その間はピアスを持続的に装着する必要があります。

接触性皮膚炎

金属中に含まれるニッケルなどが原因で、かぶれが起こる場合があります。金属アレルギーの既往がある人は皮膚科でパッチテストを受け、アレルギーを起こしにくいチタニウム、セラミックス、シリコンなどでコーティングされた素材を使用します。

ケロイド

耳たぶはケロイドが起こりやすい部分の一つです。感染や接触性皮膚炎の瘢痕としてケロイドが現れることも多くあります。

耳垂変形

洋服を脱ぐ際にピアスを引っ掛けたり、ピアス自体の重みによってもピアス穴は徐々に拡大されます。重量のあるものは変形をもたらす恐れがありますので、避けましょう。

ワンポイントアドバイス

耳にピアス穴(孔)を開けた後、1週間は消毒を欠かさないようにします。金属アレルギーのある人はチタニウム、セラミックス、シリコンなどでコーティングされた素材を使用しましょう。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved