美容整形.comトップページ輪郭形成治療>離れた眼を近づける形成手術

離れた眼を近づける形成手術

美容整形.conm

平均的に日本人の眼は小さいのですが、かなりの個人差があり、また縦横の長さのバランスも人によって違います。手術できれいな二重まぶたにし縦を大きくしても、横の長さがそのままではバランスが悪い場合もあります。右まぶたの横幅、眼と眼の間、左まぶたの横幅の比率が白人の平均値は1:1:1であるのに対し、日本人の平均値は2.8cm:3.4cm:2.8cmで、眼と眼の間が離れているのがわかります。進化論的に見ると眼と眼の間が一番近いのは人間なので、離れていると文字通り「間が抜けた」顔になってしまいます。

眼と眼の間が開いている理由のひとつは「蒙古襞」であります。日本人は蒙古人種ですが、通常、目頭の部分に皮膚が被さる蒙古襞があるのが特徴です。ひどい場合には黒目をも覆ってしまいます。二重まぶたが目頭側にできにくい、幅が狭い原因も蒙古襞であることが多いのです。

スポンサードリンク

内田法、Z法

蒙古襞は簡単に切除できそうに思えますが、傷跡が目立ちやすく、切除はあまりおすすめできません。軽い蒙古襞ならむしろ目頭に自然な丸みを作る「内田法」や、蒙古襞そのものを外側に移動させる「Z法」がよく行われます。目頭から鼻につながる靭帯を短く縮める方法もありますが、この部分には涙腺があるため、解剖学を熟知した形成外科医が行う必要があります。

ワンポイントアドバイス

目頭の蒙古襞をなくせば、広がった目と目の間を狭くすることができます。手術は内田法、Z法と呼ばれるものがおすすめです。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved