美容整形.comトップページ輪郭形成治療>二重まぶた手術(埋没法・切開法・小切開法)

二重まぶた手術(埋没法・切開法・小切開法)

美容整形.conm

日本人の約半数は一重まぶたといわれるため、この二重まぶた手術はもっとも人気がある手術です。やり方次第で美しく変身することもできれば、不自然になってしまうこともありますので、自分のまぶたの特徴に合った手術法を選ぶことが大切です。

二重まぶたとは、いわば眼瞼を開いた時の上まぶたのふちと、皮膚の垂れ込みの高さのことです。眼を開けるとまぶたに溝が見られますが、この高さは白人では約12ミリとほぼ一定しているのに対し、東洋人はかなりばらつきがあります。溝が高い位置にあるのが二重で、低い位置にあるのが一重です。したがって二重まぶたの手術を行う場合は、この溝と皮膚の垂れ込みとのバランスを考えることが重要になります。このバランスは個人差だけではなく、年齢によってまぶたの皮膚が垂れ込んでくる場合にも変化してきます。

手術前にはまず細い棒(ブジーやようじなど)で、まぶたを押さえて眼を押さえて眼を開け、上まぶたの溝を作ってみます。これは一種のシミュレーションで、手術ではほとんどその通りに再現されます。もちろん患者さんが自分で鏡を見ながら気に入る形を見つけることもできます。このシミュレーションで、棒を離すと眼を開いていてもすぐ溝が元に戻ってなくなってしまう方は、脂肪などの組織が多いので手術方法が限られることが多くなります。

二重まぶたにの手術には大きく分けて3つの方法があります。

スポンサードリンク

埋没法(クイック法、縫合法)

挙筋の線維の代わりに糸を用いて、筋肉の力を皮膚に伝え、上まぶたの溝を作らせます。糸は皮膚の裏側(結膜側)に一部現れますが、自然に埋まるようになります。上まぶたの溝ができやすい場合は糸も1本、刺入点も1箇所でよいのですが、できにくければ数本の糸で数ヶ所から刺すこともあります。

手術は短時間で終わり、手術後の腫れも少ないのが利点です。ただしシミュレーションですぐにラインが消える場合はには適しません。組織の垂れ込みを切除するわけではないので、腫れぼったいまぶたの場合、仕上がりが不自然になることがあります。

切開法(全切開、切除法)

まぶたを切開して瘢痕(一種の傷跡)の線維を作ることで、挙筋と皮膚の連結を取れにくくする方法です。一昔前にはこの方法が主流だったのですが、きつく連結しすぎたために不自然な仕上がりになったり眼を閉じてもラインが残ることが多くありました。現在では糸を併用するなどして、自然な二重まぶたを作ることができます。

もちろん形成外科医が行う手術では傷跡が目立つような心配は無用。手術後の経過は埋没法に比べれば長いですが、脂肪や筋肉など組織が多い方はその切除も同時に行いますので、自然な仕上がりになります。

小切開法(マイクロカット、ミニ切開)

全切開法の技術を部分的に応用した方法です。切開を少なくすることで傷跡はわからなくなりますが、その状態で確実に挙筋と皮膚を糸で結ぶのは形成外科医の熟練したマイクロサージェリーの経験が欠かせません。このような小さな傷からは脂肪類の切除は難しく、埋没法では溝が消失してしまう恐れがあるが切除は必要ない場合にのみ用いられます。手術後の経過は埋没法と切開法の中間と思えばよいでしょう。

ワンポイントアドバイス

美容外科手術の中でももっともニーズが高い、二重手術。埋没法はまぶたの脂肪が少ない方に、切開法は脂肪が多い方に適しています。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved