美容整形.comトップページレーザー治療>ノンアブレーティブレーザーによるシワ取り・若返り

ノンアブレーティブレーザーによるシワ取り・若返り

美容整形.conm

レーザーでシワ取りを行う方法は、表皮をつっぱらせる方法のほかに、コラーゲンの増生を促す方法があります。ノンアブレーション、つまり表皮をそのままにした状態でレーザー治療を行う、最近流行のソフトな方法です。ランチタイムリフトとも言われ、ダウンタイムがありません。

方法としては、ごく弱いレーザーを肌に照射し、コラーゲンを増生させるものです。加齢によってシワが生じるのは、真皮にあるコラーゲンの量が減少してしまうためですが、レーザーの弱い光によって活動が滞りがちな細胞や組織に刺激を与えることによって、これを増生させることができるのです。

スポンサードリンク

シワ取りに使用されるレーザーの種類

使われるレーザーは、CO2>ErYAG>non ablative laserの順で効果が高いのですが、効果の高いものはリスクも大きく、治療後テープで保護したり、しばらくは洗顔や化粧などを控えなければならないなどの不自由さがあるため、現実的には1回の効果が絶大ではなくても手軽で肌への負担も少ないノンアブレーティブレーザーなどを、何度か照射することが、通常の社会生活を送る上では、選択しやすく、人気のある理由でもあります。

直接的なコラーゲン注入、ヒアルロン酸は、シワという直線のライン、また、たるみによる凹部分のボリュームアップには、効果はありますが、特に眼周辺の細いチリメン皺には、このようなコラーゲン再生能力のあるノンアブレーションのレーザーが、より高い効果が期待できます。肌に負担をかけずにシワを取りたい人にとって、一つの選択肢として今後人気を集めると思われます。効果を上げるためには、やはりレチノイン酸など、他の安置エイジング治療と組み合わせることが望ましいでしょう。

ワンポイントアドバイス

ノンアブレーティブレーザーとは、弱いレーザーを照射し、その刺激でコラーゲンの増生を促す新しいシワ治療方法です。治療には刺激の少ないIPLやクールタッチレーザーが用いられます。もっとも新しいものはクールグライドとNライトといわれるものです。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved