美容整形.comトップページレーザー治療>レーザー治療による毛穴の引き締め

レーザー治療による毛穴の引き締め

美容整形.conm

コラーゲンは皮膚の中にあって皮膚の伸び縮みに関係しています。皮膚の分泌活動が盛んな人の毛穴は、周辺のコラーゲンが伸びきった上体で縮むことができません。また、中年以降の人は皮脂腺の活動が衰えた後でもコラーゲンの劣化から同様のことが起こります。このため開ききった毛穴に皮脂や汚れが詰まり、毛穴が目立つ状態になります。洗顔やクリーニングでは汚れをとることができても、開ききった毛穴を小さくすることはできません。

また、鼻や頬、額などは過度に皮脂の分泌がある部位なので、この症状の改善を求める人は多いのです。

スポンサードリンク

レーザー治療の方法とアフターケア

治療としてはレーザー治療が有効です。まず洗顔や蒸しタオル、マイルドなケミカルピーリングで毛穴を広げ、角栓を除去した上で患部にカーボンクリームを塗り毛穴に染み込ませます。そこにレーザーを照射するとレーザーは黒いカーボンに吸収されカーボン周囲の伸びきった古いコラーゲンを熱破壊します。すると伸縮力のあるコラーゲンが再生し、毛穴を引き締めていくことができます。治療効果を得るためには毛穴の広がり程度にもよりますが、約1ヶ月後に1回の治療を数回繰り返す必要があります。

レーザーはQ-switch Nd:YAGレーザーやQ-switch Nd:Alexanriteレーザーのような黒い色素に吸収され、かつパルス幅(レーザーの出ている時間)の短いものをしようすることによって、正常皮膚へのダメージを最小限にすることができます。

レーザー照射直後は皮膚の赤み、軽度の出血が見られます。色素沈着のリスクを減らすためには、レーザー照射後に紫外線や刺激を受けるなどの注意が必要です。他にSuper Puls CO2レーザーを使用する方法があります。より少ない回数での効果が期待できますが、同時に皮膚に対するダメージが大きいというデメリットもあります。傷が治るまでに約1週間ガーゼ保護が必要で、その後も色素沈着へのケアが必要となります。

ワンポイントアドバイス

皮脂分泌が多く、毛穴に汚れや皮脂が詰まるとコラーゲンが広げられたままで毛穴が収縮しない状態になります。YAGレーザーでコラーゲンの活性化を促すことができます。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved