美容整形.comトップページバスト形成治療>インプラントによるバストアップ(豊胸術)

インプラントによるバストアップ(豊胸術)

美容整形.conm

バストアップ(豊胸術)として、現在日本で行われている方法は大きく分けて2種類あります。1つはハイドロジェルバッグ、生理食塩水バッグなどの「インプラント」を大胸筋下または乳腺下に入れる方法、もう1つは脂肪注入方があります。主流は圧倒的にインプラントで、実際、豊胸術の94%以上はインプラントを用いて行われています。

バッグのサイズ、形などはサンプルを見ながら決めることができます。主な形は円錐形で乳首が円の中心にくるラウンドタイプ、乳首が円の中心よりやや下にくるアナトミカルタイプ、涙型のティアドロップタイプなどがあります。

バッグの内容物もさまざまな成分が使われ、それぞれメリット、デメリットがあります。

スポンサードリンク

ハイドロジェルバッグ

中身は「ムコ多糖体」。サプリメントのカプセルにも使われ、万が一バッグが破損した場合にも、人体に悪影響はありません。仕上がりも自然な感触が得られるので人気があります。

生理食塩水バッグ

点滴のベースにもなっている生理食塩水なので、染み出た場合も安全です。また手に入りやすい点からも多くのクリニックで使われています。ただしバッグに水を入れる際には、中途半端な量ではへこみができるため、一杯に満たさなければなりません。指でこれを押すなどして触ると予想外の硬さを感じることになります。たとえ大胸筋の下に入れても、硬さは否めません。

シリコンジェルバッグ

現在、日本では入荷が許可されていません。アメリカを中心に1960年代頃から盛んに使われるようになりましたが、一部、自己免疫疾患の素因を持っている人たちの間で、破れたバッグから流出したシリコンが有害になった経緯があり、製造が中止されました。

その後の研究によって、発ガン性などとの関連も薄いことがわかったため、アメリカやイギリスでは医師の診断のもとにシリコンが使われるケースも増えています。最近ではコフィーレントオフィシブシリコンジェルタイプと呼ばれる柔らかいジェル状のものが開発されています。ただし、日本では個人輸入でしか入手できません。

ワンポイントアドバイス

人体に影響のないバッグを大胸筋や乳腺の下に挿入する、インプラントが主流です。ハイドロジェルバッグや生理食塩水バッグなど、中身によっていろいろな種類があります。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved