メスを使わない豊胸術

美容整形.conm

これまでにも注射で脂肪注入を行い、バストアップをはかる治療は、長い間行われてきました。しかし、定着がよくないことや、しこりを生じやすく乳がんの早期発見を妨げる恐れもあることから、最近では、脂肪注入はほとんど行われていません。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸注入による豊胸術

脂肪に代わって、最近注目されているのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は鶏のとさかなどから抽出される成分で、やや高価な点がネックではありますが、保湿効果がとても高いため、基礎化粧品には欠かせないものになっています。注入剤はバイオによるものが主体でアレルギーがほとんどありません。

ヒアルロン酸の中でも、分子と分子をつなげたさらに粒子が大きな「マクロレーン」は、注入後の効果持続期間がとても長いのが特徴です。粉石けんはすぐ水に溶けますが、固形の石鹸は溶けにくいのと同じ原理、長く組織の中に留まります。バストだけでなく、すでにほおや太股、ヒップなどでも注入が行われるようになり、活用が進められています。

ヒアルロン酸が使われ始めた当初は、アクリルハイドロジェルと混ぜて注入する製品もありましたが、現在は100%ヒアルロン酸を用いるのが安全な方法です。マクロレーン以外にも「アメージング・ジェル」と呼ばれる、床に落としても変形しないほど弾力性のある寒天状のアクリルハイドロゲルがあり、これを使うとバストの形もかなり自由に作ることができます。中国では、かなりの臨床例が報告されています。

胸の上部が薄くなり、バストが下垂しているケースなどでは、薄くなった部分にこれらのヒアルロン酸やアクリルハイドロゲルを注入してふっくらさせることも可能です。

粒子が大きいので、当然注射の針も太くなります。したがって、注入時には麻酔を用います。それでもインプラントの挿入などに比べると、傷もなく、術後の腫れや痛みもほとんどありません。シワにコラーゲンを注射するような感覚で、バストアップさせることができるのが何よりのメリットでしょう。

ワンポイントアドバイス

粒子の大きいヒアルロン酸をバストに直接注射する豊胸術。従来の脂肪注入に比べて定着率が非常によく、注目を集めています。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved