乳房再建術

美容整形.conm

乳ガンなどで乳房を切除したり、また生まれつき乳房が小さい、左右の大きさが極端に不揃いな方には、乳房再建術をおすすめすることがあります。

乳房そのものを大きくするにはインプラントでバッグなどを挿入すればよいと思われがちですが、その前に必要なことがあります。それは乳房部分にあたる皮膚を十分に用意しなければならないことです。もう一方の乳房が大きい場合にはそちらから皮膚や組織を移植することもできます。

もう一方の大きさが不十分である時には、あらかじめ「エキスパンダー」を胸部に挿入して皮膚を伸張させ、その後、人口乳房プロテーゼを挿入して乳房を再建することになります。エキスパンダーには、1〜2週間ごとに少量ずつ生理食塩水を注入し、徐々に無理なく皮膚を伸ばしてゆきます。十分に伸びたところでエキスパンダーを取り出し、代わりにハイドロジェルバッグや生理食塩水バッグを挿入します。

また再建した乳房が乳頭や乳輪を必要とする場合には、片方から移植をするか、または内股などから色素の濃い皮膚を移植する方法が取られます。

スポンサードリンク

ワンポイントアドバイス

片方の乳房の一部を切除し、移植することもできます。または皮膚をエキスパンダーで伸張させ、バッグを挿入して再建する方法もあります。


地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved