美容整形.comトップページボディ形成治療>部分痩せが可能な超音波療法

部分痩せが可能な超音波療法

美容整形.conm

超音波療法そのものは新しいものではありません。一般の家電メーカーでも美顔器と称して、超音波を当てて血行を促したり、刺激を与えて引き締めるものは数多く出されています。その超音波を応用し、脂肪細胞に蓄えられている遊離脂肪酸(FFA)を血液中に放出し、細胞が縮小することで、痩せる仕組みが今、注目を集めています。

従来、クリニックで脂肪吸引の前などに脂肪を融解させるために用いられているエクスターナル・ウルトラ・サウンド=体外超音波装置は、1平方センチメートルあたり3ワットぐらいで、脂肪を融解する効果はありますが、同一部位に5秒以上照射し続けると火傷を起こす恐れがあることが問題とされていました。

最新の超音波療法では、さらにワット数の少ない100ミリワット、周波数も500kHzぐらいの低エネルギーのものを用いています。これは、脂肪細胞に直接働きかけるのではなく、超音波の振動と熱作用に利用して、まず交感神経のノルアドレナリンを分泌し、それが脂肪細胞に蓄積されていた中性脂肪を遊離脂肪酸に変えて血液中に放出していきます。超音波を当てることによって、何もしなくても遊離脂肪酸が2倍に増えることが各研究機関の研究によって明らかにされています。つまり、脂肪細胞の体積が少なくなり、部分痩せが可能になるわけです。

ただし、血液内に移行したFFAをカロリー源として消費しなければ、また別の部位に脂肪が蓄積されてしまうことになります。カロリーとして消費させるには、摂取カロリーを制限するか、あるいは筋肉運動によりカロリー消費を行わなければなりません。

スポンサードリンク

EMS

摂取カロリーを制限する場合は超低カロリー食品ダイエットと同様、必要栄養素をきちんと摂取するよう注意することが大切です。筋肉運動によるカロリー消費は自分で行ってもよいのですが、より効率のいい方法としては、EMSがベストでしょう。EMSは電気信号によって筋収縮を行うもので、低周波、中周波、こうしゅうはが使用されています。

このような交感神経を刺激する超音波や、EMSなどを組み合わせることにより、痩せたい部分から先に痩せられる痩身が理論的に可能になってきました。超音波が届く部位なら顔でもボディでも部分痩せができるわけです。

ワンポイントアドバイス

エクスターナルウルトラサウンド。これは超音波を用いて交感神経に働きかけ、脂肪細胞から遊離脂肪酸を血液中に放出させる方法です。脂肪細胞の体積が減るため、部分痩せができます。

スポンサードリンク

地域別美容整形外科一覧

北海道
東北 [青森岩手宮城秋田山形福島]
関東 [東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨]
信越 [新潟長野]
北陸 [富山石川福井]
東海 [愛知岐阜静岡三重]
近畿 [大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山]
中国 [鳥取島根岡山広島山口]
四国 [徳島香川愛媛高知]
九州 [福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄]

【当サイト情報の取り扱いについて】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

メニュー

スポンサードリンク
Copyright © 2008 美容整形.com All rights reserved